« 朝から | トップページ | 横須賀&葉山 »

2007年4月12日 (木)

移調

昨日はよく演奏しました。
午前中は有明の東京ビッグサイトで(この様子はミツキータのブログで写真付きで載せてありました)
夜は銀座シグナスで吉本ひとみさん(vo.)と河原秀夫氏(b)と美座リート(ds)で盛り上がりました。

さて、メル友(笑)のMさんから質問メールがあり
「実音Bメジャーのキーをアルトサックス用に移調して
書き直したいのだが、どうしたら良いの?」
ということでした。
Mさんが教えてもらったか得た情報だと調号のジャープ(#)を3つ足せば良いということでしたが、
今回の場合、Bのキーはすでに#が5つ付いていて3つ足すと8つになってしまいます。
7つですべての音に#が付くので大変ですし、普通はだいたい6つまでです。
ではどうしたら良いのか?というと。
色々方法があります。

1.BをCフラット(♭)と読み替えると実は調号は♭が7つ。
  調号に関しては#を3つ増やすということは♭を
 3つ減らすと同じことになります。
 ということで♭7-3で♭4つのキーはA♭になります。
2.実音をアルトサックスの記譜に書き直すのは
 実音を長6度上げるのですが
 こうも考えられます。
 短3度(半音3つ)下げて1オクターブ上げるのと同じです。
  したがってBから半音3つ下げるとG#ですが
 A♭でもあります。
 よって♭4つのA♭キーになります。
 書き直す時の注意としては3度の音程ではなく
 (BからA♭にすると楽譜上は2度になってしまいます)
 半音3つと考えてピアノの黒鍵にあたる音は
 なるべく臨時記号をつかわないですむように
 表示すると良いでしょう。

画像が載せられると良いのですがまだよくわからないので
とりあえず言葉で説明します。
他にもっと良い説明があればどなたかコメントお願いします。
Mさん質問ありがとうございました。
また何かあれば質問して下さい。
こんな感じでよければお答え出来ますよ。

|

« 朝から | トップページ | 横須賀&葉山 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

チョロチョロと拝見させて頂いてます。
いや~確かに、長2度違う楽譜は移調しながら読むのはまだ見やすいですが、短3度はオヨヨ~って思ってしまいますよね~?
「お願い。私にはCメロ用意して~」って感じです。(アハハ。Sax用の譜面を見せられたときの立場です。)
移調はほんとに胃腸に悪い~!!!
失礼しました~m(_ _)m

投稿: Hanna | 2007年4月15日 (日) 13時36分

お見事!
座布団1枚ってところですが
そんなことも有るんですね。

投稿: sunada-bb | 2007年4月16日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209680/14654789

この記事へのトラックバック一覧です: 移調:

« 朝から | トップページ | 横須賀&葉山 »